サーバーと Kad に接続する

 eMuleを起動したら、まずサーバーと Kad に接続します。

■ サーバー画面
eDonkeyサーバー

 リストのなかから接続したいサーバーの一つをダブルクリックします。
サーバーには、100万人以上のユーザが接続しているものもあれば、ほとんどユーザのいないものもあります。
あまりにもユーザが少ないサーバーは「怪しい」ので、ユーザ数でリストをソートしておき、上位にあるサーバーに接続するようにすればいいでしょう。

・Kad ネットワークに接続する
 Kad ネットワークに接続するには、Kad 画面から "接続" を押します。
 Kad とは、Kademlia の略で、eMule クライアント自身がサーバーの代わりになる機能です。これで、サーバー網全体に問題がおきたとしてもダウンロードに影響しません。また、サーバー接続単独よりもダウンロード開始時のレスポンスが速いので、eMuleを使う際は Kad とサーバーの両方に接続しておくのがベストです。
eMule を初めて起動したときは、他のユーザーと接点がないので、Kad に接続できないことがあります。その場合は、しばらくサーバー接続のみで使用します。

・HighID と LowID
 サーバーに接続したクライアントには、IPアドレスを基にした ID が与えられます。
この際、ポートを開けていると HighID、開けていないと LowID になります。 LowID になったユーザーは、サーバーに不利な扱いをされてしまいます。

・サーバーリストの更新
 eMule が接続できるサーバーのリストは、自動的に新しいサーバーが追加されていきますが、もし、サーバーのリストが古くなっていて、どのサーバーにも接続できない場合には、手動でリストを更新します。
server.metファイルのURLを、eMuleサーバー画面の「server.metをURLから更新」欄に入力することによって、サーバーのリストを更新することができます。

 ・サーバーのリストのURLがあるサイトの例
  Server List for eDonkey and eMule

 
 
トップへ戻る
2010年 05月 03日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。