初回起動ウィザード (2)

■ サーバー設定
eMule 初回起動ウィザード サーバー設定

・使用するネットワーク
  eMuleは eDonkey2000 kad の二つのネットワークを利用してファイルや他のユーザを検索します。(両方ともチェックしておきます)

・サーバー安全接続
 ちゃんとポートを開けているのに、LowID になるのを防ぐ。


■ 初回起動ウィザードの完了
eMule 初回起動ウィザード 初回起動ウィザードの完了



■ 接続のウィザード
接続のウィザード

・OS の選択

・同時ダウンロードの数
 OS が Win2000/XP なら 16+ にしておきます。

・回線の帯域を入力
 スピードテスト などのサイトで、上り下り両方の帯域を計測して入力します。


これで主な設定は終わりです!

トップへ戻る
2005年 12月 28日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。